*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.28 (Mon)

どこから来たの?サケ第2号君かな?

9月19日のことです。
真駒内川の小さな水路に大きな魚がいるとの知らせを受けて
さけ科学館の皆さんが見に行きました。
すると

第2号のサケだと思ったんだけど

綺麗な色の大きなサケが!
この水路に入ってきたということは
さけ科学館で放流したサケかもしれないと思い
アブラビレを確認するとあるんです。

さけ科学館で放流される稚魚にはアブラビレがありません。
(100%そうでもないようですけど)
ですからこのサケは少なくとも
さけ科学館で放流された稚魚が大きくなったものではないと言えます。

しかも千歳のサケのようにとても体が大きいのです。
もちろん、豊平川のサケにも大きくなるものがいてもおかしくはないのですが

どこから来たのかな?
このサケ君が2号だったら良いのですが何となく気になりますね。

実はさけ科学館には一足先に
千歳川から親鮭が来ていました。

千歳川からやってきた親サケたち

次の日彼らの数を数えたら一尾足りないことが判明。

このサケ2号君(?)は脱走千歳サケ君だとわかりました。
おそらく脱走したはいいもののどこに逃げたらいいのかわからなかったのでしょう。
周りにライバルのオス鮭もいなかったので
のびのびと「勝ち色」を出していたのでしょうね。

一枚目の写真のサケを捕まえた方は山真さんと仰るボランティアの方です。
大きなサケをぐっと手づかみで捉えました。すごいですね。

たまたま原画展にかじさんが来ていたので
山真さんの承諾を得てリンカがサケを捕まえた絵を描いてくれました。
サケを捕まえるリンカちゃん

サケがだいぶ緑に描かれてますけどほんとうに翡翠みたいに綺麗に見えたんですよ。
わたしもサケを捕まえてみたいって思いました。

本当のサケ2号君は9月21日に捕獲されました。
サケ情報blog+の9月21日のエントリーに載っています。
http://www.sapporo-park.or.jp/blog_sake/index.php/2009/09/21/
こちらもご覧下さいね。

スポンサーサイト
11:31  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。