*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.29 (Mon)

サケ皮の二胡、お披露目です!

二胡という楽器は中国の古い楽器です。
ふつうはニシキヘビの皮を張ってあるのですが
上海の方がサケの皮で二胡を作って下さいました。

詳しくはココをご覧下さい。


サケ皮の二胡

とても綺麗な弦楽器で裏側には透かし彫りが施されています。

二胡の裏側


でも、せっかくのサケ皮の二胡を弾ける人がさけ科学館にはいませんでした。
皆さん、一目見ただけでサケのどの部分の皮が使われているのかはわかる専門家なのですが…

そんなわけでネットを通じた不思議なご縁で
27日は札幌の二胡奏者 荒木田真穂 先生が来て下さいました。

「サケ皮の二胡の演奏会」の始まりです!

これから二胡の演奏会を始めます

まずはごあいさつ。
荒木田先生から二胡について簡単な説明がありました。
太さの違う二本の弦があって弓がその間を通っているのだそうです。
他の弦楽器とは全然違いますね。

右側のお二人は荒木田先生の教室の方だそうです。
三重奏の時に素敵なハーモニーを響かせ下さいました。

先生の荒木田さん

荒木田真穂先生のソロで2曲。
とくに「蘇州夜曲」はとても美しかったです。
3曲目は「シルクロード」のテーマで三重奏でした。

もっと聞いていたかったけど
残念、予定の時間になってしまいました。

演奏が終わったあとは二胡にさわらせてもらえる時間になっています。

二胡の楽譜。
数字です。
初めて見ました。

二胡の楽譜

みんなで二胡にさわらせてもらいました。
楽器って面白い!
お友達も一生懸命弾いてくれたんですよ。

みんなで二胡に触ってみよう
(お友達の笑顔がとても素敵だったんだけどネットということも考えて修正しています。)

一生懸命弾いてくれたよ


さけ科学館には「サケ皮の三線」もあります。
どんな音がするのかな?

サケ皮の三線

比較対象に皮の張っていない弦楽器代表バイオリンも登場しました。
弓で弾くのは同じだけどだいぶ違う印象です。

同じ弦楽器でもバイオリンとはだいぶ違う感じがします


いつかサケ皮で太鼓とかも作って演奏会ができたらいいなぁ

なんて夢を見ています。

スポンサーサイト
17:38  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://rynca.blog62.fc2.com/tb.php/27-509a31fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。