*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.17 (Mon)

カワサバさん

え、こんな模様のサケ科のお魚っていましたっけ?

くっきりとした虫食い模様できれいです。
それにうっすらとパールマークも見えるから
サケ科であることは間違いなさそうだけど。

カワサバさんに驚くリンカちゃん


自然界でもごくまれに
違う種類の生き物が結婚して子供ができることがあります。
子供ができるのは両親が比較的近い種類の時です。

このカワサバさんは
お父さんがサクラマス
お母さんがアメマスです。
2006年に人工的に交配させてふ化しました。

ちなみにお父さんがアメマスお母さんがサクラマスの時は
卵は稚魚にならなかったそうです。

サケ科の魚で淡水で生活するものは
川や湖など狭い環境で生きており
産卵期が重なると天然でもこのような交雑が起きることがあります。

渓流釣りで変わったイワナかマスを釣り上げたら
このような交雑したものかもしれないですね。

また今シーズンが来ている
カラフトマスとサケも
産卵期が重なるために交雑することが知られています。

サケとカラフトマスの子供なので「サケマス」なんて呼ばれているそうです。

ちなみにこのカワサバさんはもうすぐ3歳。
交配種なのでおそらく産卵する能力はありません。
ひょっとしたら長生きしてくれるかもしれないですね。

ずっときれいな模様で元気にいてもらいたいです。

カワサバさんは
採卵ふ化室に展示されています。
入り口から入ってすぐが展示ホール、そこからすぐの飼育展示室から見られるようになっています。
まわりにある説明も読むととても面白いですよ。
スポンサーサイト
08:23  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://rynca.blog62.fc2.com/tb.php/6-df412e68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。